課題解決事例

図

預かり品の棚卸作業が煩雑なうえに、人手不足が相まって在庫差異が膨れ上がり…適材適所のカウンター活用で、棚卸を高精度、短時間で実施できた理由とは?

物流倉庫業A社 業務部

解決のポイント

「AI画像検知」を中心に、「RFID」などのカウンター機器を活用することで、在庫差異が大幅に減少
カウンター機器を適材適所で使い分けることで、コスト削減や設置状況を選ばないカウントが可能に

解決

「AI画像検知」? 適材適所のカウンター活用で、今までの課題が一気に解決へ!

困り果てたS氏は、知り合いのIT関係者にこの件を相談したところ、JSOLの「J's AID」というAIを活用した棚卸ソリューションのことを教えてもらいました。
S氏は早速、JSOLに問い合わせて、「J's AID」のことを詳しく教えてもらうことにしました。この棚卸ソリューションは、顧客の状況、課題に合わせて「AI画像検知」を中心に、RFIDなどの機器類も活用しながら、精度の高い棚卸作業が実現できるものでした。
「説明とデモを見せてもらって、まさにうちにピッタリのソリューションだと思いました。預かり品の動き具合や大きさ、置場の状況に応じて、AI画像検知または、「RFID」やバーコードなど、カウンター類が柔軟に選択できるので、在庫差異が減らせそうです」(S氏)
カウンターを使い分けることで、かなりのコストセーブが見込める点も、とても魅力でした。

S氏は上層部の了解を取り付け、トライアルを行うことにしました。預かり品をAI画像検知でカウントしてみたところ、高い精度と瞬時のカウント時間を目の当たりにし、これなら今までの在庫差異や作業時間、人手不足などの問題が一気に解決できると実感しました。また、課題となっていた位置特定も、J's AIDであれば難なく対応できることも分かりました。

検討の結果、棚卸ソリューションの導入を決定したA社。JSOLに相談しながら、準備を着々と進めています。

12