J-FMATFile server Management Assist Tool
フォルダ構成・アクセス権限管理ツール

J-FMATとは

JSOLのJ-FMAT(フォルダ構成・アクセス権限管理ツール)では、ファイルサーバの運用管理における様々な課題を解決し、ファイルサーバを効率的に運用することが可能となります。

ファイルサーバの運用管理では、フォルダの設定を常に適切な状態に保つ必要があります。
また、ユーザ部門からの個別のニーズにも対応しなければならないなど、IT部門の負荷は更に高まるばかりです。

フォルダの構成を適切に管理するための作業負荷が高い

アクセス権の変更に柔軟に対応できない

アクセス権が適切に設定されていないためセキュリティリスクに

部門を跨ってファイルを共有できない

J-FMATで日々の面倒なファイルサーバの運用管理から解放されます!

※Active Directoryとの連携オプションにより、ユーザ、グループの 管理を人事情報と連携して自動化することができます。

1.組織用フォルダの管理

組織階層に応じたフォルダを一括で作成することができます。
アクセス権やクォータ設定も同時に適用することができます。

組織用フォルダの管理

2.プロジェクト用フォルダの管理

プロジェクトなど部門を跨って利用するフォルダのアクセス権の管理を利用部門に委譲することができます。

プロジェクト用フォルダの管理

3.アクセス権の適正化

アクセス権の設定状況を可視化し、イレギュラーなアクセス権の設定をチェックすることができます。

4.Active Directoryグループの管理

Active Directoryのセキュリティグループ内のメンバーの参照、変更やグループを追加することができます。

機能一覧

1.フォルダ管理 管理フォルダ一覧表示(フォルダ/システム管理者)
管理フォルダ一覧表示(利用者)
フォルダツリー表示
組織フォルダ管理
プロジェクトフォルダ管理
個人用フォルダ管理
管理フォルダ作成・登録
管理フォルダ登録解除
管理フォルダ名変更
フォルダ管理者設定
フォルダ有効期限設定
クォータ(容量制限)設定
フォルダ設定申請/承認
CSV一括設定
スケジュール設定
2.アクセス権管理 アクセス権参照(フォルダ視点)
アクセス権参照(ユーザ・グループ視点)
アクセス権追加、変更、削除
アクセス権イレギュラーチェック
アクセス権強制再適用
CSV一括設定
スケジュール設定
3.ADグループ管理 ADグループ/メンバー参照
メンバー追加、削除
グループ管理者追加、削除
4.利用状況可視化 管理フォルダ使用量表示
利用状況推移表示
ダッシュボード表示
5.監査対応 アクセス権一覧レポート出力
設定履歴レポート出力

動作環境

OS Windows Server 2008 / 2008 R2 / 2012 / 2012 R2
CPU 2コア以上(4コア以上を推奨)
メモリ 4GB以上
ディスク空き容量 80GB以上
データベース Microsoft SQL Server 2008 / 2008 R2 / 2012 / 2014
※Express Edition対応可(環境により対応できない場合あり)
その他 Active Directory、.NET Framework 4 以上
対応ファイルサーバ Windows Server 2012 / 2012 R2
※その他のWindowsサーバ 及び CIFS共有の場合は一部機能制限あり