「自動車産業サイバーセキュリティガイドライン」
対策ソリューション

セキュリティ対策の現状分析・構築から運用までを一貫してサポート

自動車産業界におけるサイバーセキュリティリスクが増大するなかで、「自工会/部工会・サイバーセキュリティガイドライン 2.0 版」に基づくセキュリティ対策の実施が強く求められています。

JSOLでは、ガイドラインに基づくリスクアセスメントだけでなく具体的な対策計画立案、対策の実施から日々のCSIRT活動まで幅広くお客様をご支援します。

是非JSOLへご相談ください。

自動車産業界におけるサイバーセキュリティ対策の必要性

自動車産業では、ITインフラや工場システムなど多くの情報システムがインターネットへつながり、今後も拡大する傾向にあります。また、近年サイバー攻撃も増加しており、自動車産業もその攻撃対象となりつつあります。

巨大なサプライチェーンで事業を展開する自動車産業では、1企業の影響がサプライチェーン全体への影響となるリスクが懸念されます。

サイバーセキュリティリスクを正確に把握・分析し、その対策を早急に実現することがますます重要性となっています。

サイバーセキュリティ対策の悩み

ガイドラインのセルフチェックを行ったが、第三者評価を改めて実施したい

セキュリティ人材が不足しており、業務に忙殺されて対策が進まない

自社の課題は認識しているが、最適な対策かどうか確信が持てない

セキュリティ対策について、日々相談できる専門業者を探している

JSOLは、お客様ごとに担当セキュリティエンジニアをアサインし、
お客様の環境などを考慮したアドバイスから実運用まで実施しています。
是非JSOLへお問い合わせ下さい。

「自動車産業サイバーセキュリティガイドライン」対策ソリューションとは

「自動車産業サイバーセキュリティガイドライン v2.0」に基づく、レベルアップをご支援します。

JSOLの個別対策ソリューション

サイバーセキュリティガイドラインへの適合が目標ではなく、真のリスク低減を目標としたご支援を実施します。

「自動車産業サイバーセキュリティガイドライン」は、「自工会/部工会・サイバーセキュリティ ガイドライン」として、一般社団法人日本自動車工業会および一般社団法人日本自動車部品工業会が作成したガイドラインです。