J-Across®2.0ジェイアクロスクラウド運用管理・監視サービス

対応クラウド
Microsoft Azure
Amazon Web Services(AWS)

J-Across®2.0 とは

クラウド環境の運用管理、仮想サーバーのオペレーションや監視サービスをご提供します。
クラウドの特性を活かした安全なクラウド運営を、J-Across®2.0のサービスがサポートいたします。

J-Across®2.0 3つの特長

JSOLが提供する、さまざまな運用管理サービスと組み合わせることが可能です

業務運用まで幅広くサポート

業務運用まで幅広くサポート

業務運用やアプリケーション運用などのサービスを幅広くご提供します

お客様窓口の一元化 異なるIT基盤の統合運用管理

お客様窓口の一元化
異なるIT基盤の統合運用管理

クラウド・オンプレミスなど、さまざまなIT基盤の違いや、運用監視ツールの違いなどをJSOLで吸収し、一元的に運用管理を実施します

クラウドの運用管理サービスを補完した幅広い運用管理

クラウドの運用管理サービスを補完した幅広い運用管理

クラウド事業者が提供する標準的な運用管理サービスと、JSOLの「幅広く」 「きめ細やかな」運用管理サービスを、フレキシブルに組み合わせて24時間365日体制でサービスをご提供します

こんなシーンでご利用いただけます

クラウドで新たなサービスを構築したい

構築したクラウド環境を運用から管理までを低価格で利用したい

クラウドを利用しているが、運用監視の必用性を感じる

クラウドを利用しているが、運用監視の必用性を感じる

オンプレミスのシステムをクラウドへ移行したい

オンプレミスのシステムも含めて、監視したい

クラウド基盤の構築・運用の外部委託先をさがしている

クラウド基盤を運用する実績のある外部委託先をさがしている

クラウドの運用監視を、オンプレミスと同じ仕組みではなく外部サービスを利用しても良い

クラウドの運用監視を、オンプレミスと同じ仕組みではなく外部サービスを利用しても良い

クラウド、オンプレミスなどの異なるIT基盤を、JSOLにて一元管理。
IT基盤や運用要件の選択肢が広がります。

JSOLのクラウド運用管理サービス

JSOLのクラウド運用管理サービス

クラウドの特性を考慮し、
効果的・効率的なクラウド利用をサポートする運用管理プロセスを実現

クラウド利用をサポートする運用管理プロセス

J-Across®2.0 サービス

クラウド運営の基本をおさえた、各種サービスをご用意しております。
お客様のシステム環境、規模に合わせた最適なプランをご提案させていただきます。

J-Across®2.0 サービス
  • 「J-Across®2.0」は、上記サービスメニューの組合せ変更にも対応しています。「クラウド監視サービスのみ必要」等のご要望にも対応可能です。
  • その他運用管理サービスやハウジングサービスとも組み合わせることが可能です。

J-Across®2.0 料金

J-Across®2.0 料金表

※月額費用にはクラウドサービス利用料金は含まれておりません。

本サービスは、以下のクラウドに対応しております

Microsoft Azure


Microsoft Azure

Amazon Web Services(AWS)


Amazon Web Services(AWS)


※VM(virtual machine)の表記は、クラウド上で稼働する仮想サーバとして記載しています。